目頭に涙

  『 アトランティス協会の皆様今日は、お世話になっております。本日は有難う御座いました。 時間を待つ間「super浄霊」を読ませていただいていました。 春にチュウリップが咲き終わり枯れたので、球根を掘り起こした後に植えた枝豆を、収穫し茹で大きな皿に盛り付け、(昨日何年も忘れていたお香を焚く容器が見つかり玄関に置いておいたのですが)急にお線香を炊こうと思いロウソクと水と茹でたての枝豆を和室のテーブルへ置き正座し待っていました。8分前くらいからローソクを灯し、お香を焚き合掌していました。 11時頃に身体が少し揺れて、全体が金色に見えては消え紫色も見え少し白い色も見えていました。時々とっても明るい金色も見えていました。前回より全てが大きくゆっくりでした。 始まる前に「枝豆が美味しいので食べて下さい」、お顔の分かっている方は名前とお顔を思うかべ解らないご先祖さんは「ご先祖さんのお陰で今ここに私がいます。無事に成仏してください」と心で語りかけました。 そんなに枝豆は匂ったと思いませんでしたが(気合が足りないのかすみません)終始お腹が鳴っていました。 11時23分頃目を開いた時お線香が丁度無くなるところでした、膝を崩しましたがその場から離れず壁に寄りかかりまた瞑想をしました。 また金色が左下から右上に上がって行くように見えました。気にせいかもしれませんが無意識に首が左に2回引っ張られる感じになりました。 お陰さまで職場でも憑依されたような感覚もなく、前回のような身体に強い刺激もありませんでしたが終わって目頭に涙が滲んでいました。本当に有難うございました。 』



星椎水精先生のコメント

この家の先祖さんたちは、実際に備えた枝豆をうまそうに食べて成仏されたようだ。その先祖の感謝の気持ちが涙となって表現されている。「感謝してもしきれません」という言葉を言い表したくて・・・。