病院

『 以前に病院の夜警の仕事をしてました。

仮眠時に幽体離脱したのか、目の前に天井の蛍光灯があり、腰から持ち上げられる感じがあり、ちょっとキレ気味に心の中で叫んだら、元の状態に戻りました。

その日、私にとって腹立たしい患者が亡くなっており、家族も腹立だしい事を述べていたので、仕返しされたと瞬時に思いました。

それ以外は、自動ドアが勝手に開くとか、仮眠時、声にならない話し声きこえたりと夜の病院では体験しています。 』

 

自動ドアのセンサーは、非常に感度が良く、深夜の病院では頻繁に起こるようである。亡くなったばかりの霊は、派動も強く、自動ドアの開け閉めが慣例になってもいるので、自動ドアを開けないと、向こうには行けないとも思っているらしい。だから、病院は亡くなった霊が多く、そんな病院が廃墟になると、霊ゾーン化する。私に依頼があれば、そんな霊でも簡単に浄化できるのだが。

 

このページの先頭へ