病気

『 金曜日の「膠原病の方の体験談」は私も頑張らないとという気持ちになりました。
私も供養への気持ちが弱くなってしまったことで、仕事で前に進めなくなってしまったのだと思っていますが、体験談の方は難病になってしまい、非常に大変な思いをされているとのこと。
そしてそれがご先祖様の状況であり、ご供養を進めることができるようになって、徐々に回復の方向にむいて、お仕事も頑張られていること。
他人事のように思えず、私は病気にはならずに良かったとも思いました。
私も人との交際費も自己投資と思ってある程度は必要と思うようにしましたが、供養のウエイトを大きくおいて、気持ちが薄くならないように気を付けないと、と思いました。
よろしくお願いいたします。 』

星椎水精先生のコメント

病気というのは、大半が先祖からの憑依によって起こる。極端な肉体的な疲労を除いて、先祖からの憑依には、非常に強烈なものがある。
宗教団体や霊能者に頼んで、先祖の供養を行っても、身体に何らかの軽さや回復が見られない場合は、彼らの行為が偽物だと分かるだろう。浄霊というものが、誰でも出来るものではない、と皆が認識するのは、ずっと先のことかもしれない。手遅れにならぬように、こちらでの問い合わせがあって欲しいものである。
最近は、核爆弾の夢を見る人も多くなっている。実は、核戦争が間近かになっていることを表している。

このページの先頭へ