八重桜

『 星椎先生、姫路様、皆様 大変お世話様になりありがとうございます。
この度も八重桜のお清めの儀お受け下さりありがとうございます。
早いもので、アトランティス協会さんとご縁をいただいてから12年目になります。
今思いますと、実家の母の心臓の手術や父や義父母の入院などがありましたが、お陰様で大事にはならずに今は畑仕事などしています。
義父はもう97歳なのですが、杖なども使わず垣根の剪定などしていて、とても年相応には見えないかもしれません。この歳ですと寝込んでいてもおかしくないと、入院した時にも言われました。
これも先生をはじめ皆々様のお陰と深く感謝申し上げます。本当にまわりの方との落差をしみじみと感じます。皆が元気でいてくれることが一番ありがたいことです。
今後も変わらずお力添えご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 』

  

星椎水精先生のコメント

人間の先祖の中には、人間としての生き方よりも木の精霊としての生き方を選ぶ者もいる。
たまたま立ち寄った精霊に宿を見つけ、そのまま木の精霊となったものも多い。だから、木を勝手に切ることは、本来はご法度となる、と考えて欲しい。