病変

病気の原因の大半が、先祖の憑依から来ている。そのメカニズムは、亡くなってすぐの霊から強くきており、真っ先に末裔の親しい人に憑依するようである。仏壇や写真に波動を合わせると、たちまち末裔の体に侵入し、生前に苦しんだ病気の意識が末裔を通して甦る。末裔は、今までそのような病気がなかったにも関わらず、同調した波動によって、末裔にも同じ痛みを覚える。
病変 さて、この急な痛みに対して、病院で診てもらうと、何も病気らしきものは見当たらないケースが出てくる。しかし、この痛みは本人の持病として、本人しか分からない病気へと発展する。亡くなったものが肺病だったら、肺で苦しみ、リウマチだったらリウマチとなることが多い。勿論、違う病気の場合もある。亡くなったものは、いつかきっと分かってくれるだろうと切に願うのである。しかし、それでも気が付かなければ、憑依霊も数を増し、悪い箇所に集中する。これが、ガンだったりする。
自殺者の場合の霊は始末が悪く、脳を襲い、意識が孤独へと誘い、憑依された体も自殺へと向かってゆく。これが自殺の連鎖である。このような家系は絶家へと導かれるほど、家庭内での先祖供養が全く施されていない場合に起こる。しかし、昨今の家庭はどの家を覗いても、先祖のことは蔑ろとなり、この病変が早いか遅いかの違いしかないようだ。