番号

『 先日は浄霊のお便りを頂きありがとうございました。
元上司のKさんが無事浄霊されたと聞き、本当に安堵しました。ありがとうございました。
先日の日曜日、元会社の人たちとKさんのお骨が納骨堂に届いたと役所から電話があり、みんなでお参りにいったのですが、骨壺ではなく、ものすごい小さい箱の中に入れてありました。箱には番号が記載されており、名前や戒名ではなく、番号で管理されているのを見て、ああ・・本当に孤独死だったのだなと確信しました。
もし、浄霊していなかったら、間違いなく憑依されていたかもしれません。
星椎先生の凄さを改めて感じました。
これからもご先祖様に感謝して浄霊を行っていきたいと思いますのでよろしくお願い致します。 』

星椎水精先生のコメント

先祖のために何もしなかった場合、親族からも先祖からも見放されることになる。だから、生きている間には、先祖のことをしっかり考え、成仏させてあげることが肝要で、それが終わって初めて自分のカルマを解消させることとなってゆく。それが出来ない人は、孤独死となり、単なる番号で人生の決着を見る。

このページの先頭へ