環境

『 星椎先生、スタッフの皆様、毎日暑い日が続いておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。  先日は主人の母方の祖父母を浄霊していただきありがとうございました。 お蔭様で主人の両親は広島に住んでいますが、先日の雨の被害もないようで無事にすごしてるとの事。本当に安堵しております。  これも皆ご先祖様がお守りしてくれるからだと本当に感謝しております。  そして、先月娘が入籍したのですが、おととい娘から電話があり妊娠したと報告がありました。もうびっくりです。 来年ハワイで結婚式をあげると話してたのに。  おめでたい事続きで本当に感謝してもしきれないくらです。  これからもご先祖様の供養を最優先にし、精進していきますのでよろしくお願いします。 』   良い環境を整えてゆくと、良い末裔に恵まれてくる。悪い環境では、最悪の末裔が生まれるか、絶家を迎えることになる。 無神論者の行く末は、老後では周辺に誰もいなくなる、ということすら分からないようだ。或いは、せっせとお金を貯めこんで、周囲の者から嫌われる結果となる。末路が哀れになってしまう。 そのような結果にならずに、先祖のために供養してあげると、現実的には苦しいことがあっても、精神的に満たされる環境となってゆく。