理解者

  『 星椎先生、姫路様、緒方様、先日はありがとうございました。 仙台の住所への浄霊のお手紙、主人が受け取り拝見させて頂きました。 きっと、Iじいちゃんが主人に手紙を読んでほしかったんだなと思いました。 お盆は茨城実家に帰っていますので、我が家の仏壇には私はお盆帰省で茨城実家にいますので、待ちきれずお手紙の内容を写メして送ってもらい拝見できました。 とてもわかりやすい内容で、特にFじいちゃんの魂が軽かった事、そのような魂の末裔である事を嬉しく思いました。その後、浄霊して頂いた方々を思うとほんわかと温かい気持ちになります。以前は顔が頭の中にはっきり出て来ていたのが、浄霊後は存在が無といいますか魂の卒業とはこのような感覚になるんだなと実感できました。 今日は13日、私の長男の3歳の誕生日です。 お盆生まれですしご先祖様は末裔に希望を託していますね。 誕生日は先祖様への感謝の日で子供達に正しい霊の知識を星椎先生の書籍を参考に教えて参ります。 今日は書籍にあったように、仏壇におはぎやお団子などのお供え物をして、ご先祖様に「何か食べたいものはありますか?」と聞いてみたら「金平糖、ハッカ飴、すあま、ぬれ煎餅」など頭に浮かんで、先祖様が生前好んでいたお菓子だったので、すぐに買いに行きました。今日はここのスーパーにと思って立ち寄ると、ご先祖様が言っていたお菓子が全部売っていて、「すあま」は最後の1個だけあったので、よかったです。 あとは、昼食にお茶とおにぎりを食べようと思いました。「ご先祖様、私の体を通して召し上がって下さい」と言いますと、いつも以上に食事が美味しく感じ「あぁ~うまい。茶もうまい」という声が頭の中で聞こえました。 いつもは修験道のお経を読んで自己満足だけでのお盆でしたが、今年は星椎先生に出逢えたお蔭で、より先祖様の身になって気持ちを込めてお盆を過ごせます。 ありがとうございます。 星椎先生との出会いは人生で最高の出来事です。 茨城の実家で婆ちゃんとご先祖様の生前の話を色々聞いているとS家も間が悪い時が続いたようですが、星椎先生に出会った事で何が原因かも理解できましたし、あとは救うしかないです。姫路様がお手紙でおっしゃっていたように、今までの出会いは通過点で邪念はいらないとのお言葉、肝に銘じます。初めての浄霊後からはお蔭様で頭の混乱が無くなりました。 修験道の師匠は幽界にはあげても霊界にはあげれない。そういえば、最近は師匠も体調を崩したりインフルエンザにかかったりしてました。いかに何十年修業した人でも、霊界にはあげれない事がよく理解できました。つい神様、神様と神様の方向ばかりを向きがちですが、本当に大切なのは先祖の浄霊である事、修験道の信者さん達に星椎先生の事を教えても理解する人はいるのだろうか?と疑問です。私が星椎先生に出逢えた事は主人と私と子供達だけにとどめておきます。 これからも宜しくお願い致します。 』


星椎水精先生のコメント

修験道での修行もあって、先祖への理解がとても早い。ただ、浄霊出来ていない先祖が、後ろから「我先に」と急いでいるようだ。気づいた以上は、なるべく早く浄霊をしてあげた方が良いだろう。 ただ、修験道の信者に知らせるのは、かなりの無理があるだろう。ここに到達するまでには、相当の難関が用意されている。芸能人や政治家でも、殆ど私の浄霊に関しては把握していない。いかに現在の政治家たちのレベルが低いかを理解しなければならない。 全ての行動には、自分一人ではないのだ、と理解し、先祖全ての浄霊後に初めて自分のカルマが見えてくる。そこが本当の浄霊に対する理解者となるのである。

このページの先頭へ