現実

『 先日は、コラムに掲載下さり、ありがとうございました。 今や離婚は、3組に1組と言われていますが、やはり、ご先祖様やカルマなど色々な絡みがあり、末裔が影響を受けているのが、よく分かります。 Y家から、気が触れてしまったような主人を置き去りにし逃げる様に離婚して実家に戻り、あっと言う間の2年半。当時は、自責の念や本当に良かったのか?と考えたりしましたが、何せそれどころではない状態でしたので。 今思うと、主人を守る事ができて、本当に良かったと思っています。 本来なら行き来も無くなる関係ですが、Y家の義母もたまに会うのですが、「感謝してる」と言ってくれます。きっと、星椎先生に浄霊をしていただいた祖父母や親戚の気持ちなのだろうと思っています。 実家の兄や弟が亡くなってからは、坂を転がり落ちるように、今思い出しても地獄のような日々でした。 星椎先生に出逢っていなければ…と恐ろしく思います。 今、穏やかな日々が過ごせることに心から感謝申し上げます。 北朝鮮の動向も、油断ができない状態ですので、ご先祖様をお助けするためにもご供養を頑張らなければと思っています。 これからも、宜しくお願い致します。 』


星椎水精先生のコメント

今の家族の現実は、どこも同じようなことが起きている。一見、何もなく平和な家庭のように見えても、その内情を聞くと、霊障と思えることばかりである。 私の周囲も、病院通いの人が殆どで、家庭の内情が穏やかではない。家庭が穏やかでも、孫やひ孫に至っては、問題が山積しているのである。 前世からのカルマは、その霊障を取り除いたところから本来は始まる。だから、カルマの解消は、先祖の浄霊をしてから初めて見えてくるのである。 スーパー浄霊を何世帯もしているのに何故、うちは大変なのでしょうか?といった質問がたまにあるが、それほど急いで浄霊をしなければならぬほど、巨大なカルマが聳(そび)えていたということになる。 上記の家庭は、様々な苦難を乗り越えての浄霊だったので、カルマが当然そこに含まれていたようだ。精神的にも強くなったのは、本来この人の持つ意思の強さの表れであろう。ただ、油断はしないように。