『 俺の親友は昔から何か幽霊的なものとかが見える性質。一回俺の職場に来たときに、階段見て「よくあそこで転ぶだろ」と言った。実際よく転ぶ。職場の人間は一度は必ず転ぶ。同僚達ともよく、「絶対あれ幽霊いるよなww」「ほん怖みたく女の幽霊がいるんじゃねww」「坊さん呼ぼうぜww」と談笑していた。

良い機会だと思い、親友に階段のところには何がいるのか訊いた。「柴犬が伏せて尻尾振りながらこっち見てる」その言葉を聞いてから、階段付近に犬用のボール置いてる。たまにボールが誰かしらの近くまで転がってくるので、投げてやっている。階段は「ちょっと通るよー」などと言うと転ばずに済む。おかげで最近はほとんど怪我しない。誰の犬だろうと思ったら、同僚が社会人になりたての頃に亡くなった愛犬だった。柴犬飼ってたのそいつだけだったし、よくそいつのところにボールが転がる。坊さんを呼ぶ気は今のところ無い。でもいつかちゃんと行くべき所に行ってほしいな(´・ω・)  』

 

ペットを飼うのは良いが、このように霊としていつまでも残る場合が多い。飼い主がとても可愛がっていたので、犬としても飼い主から離れたくなかったのであろう。だが、これをいつまでも放置しておくと、この犬の嫌いなタイプの時は、転んで大けがに至ることがある。やはり、成仏させるべきである。その辺の霊能者くらいでは、「あっちへ行け」くらいで、霊能者が帰った後は、再び犬はそこへ戻る。(星椎)

このページの先頭へ