熊本県の災害地より

『 星椎先生、宇宙クラブの皆様お変わりなくお過ごしの事と存じます。
こちらの事 色々とご心配頂きありがとうございます。
今、生活は普通に戻っています。当たり前の事がどれ程大切な事かと日々感じています。
先日は、母方のおじさんのご供養を執り行って頂き、誠にありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありません。無事に成仏された様子、瞑想は後からとなりましたが、安心しました。 』

星椎水精先生のコメント

「当たり前の事がどれ程大切な事かと・・」とあるように、平和と言うことが、どれほど重要なものかを知らない人が多い。日本にいる外国人に聞いても、日本はとても安全な素晴らしい国だと絶賛する。近隣の韓国や北朝鮮、中国の国内を見ても分かる通り、決して安全な国とは思えないし、ヨーロッパも難民などで非常に不安定である。
これは、決して現在の日本人だけが努力しているのではなくて、目に見えないが、先祖の力も大きい。それが証拠に、災害地のど真ん中にいる人が、殆ど被害を受けずに済んだという内容が上記で記されている。私も非常に心配したのだが、この家は、家族全員が先祖のために浄霊(先祖供養)を申し込んでいるので、先祖の力が発揮できていた良い例となった。素晴らしい話である。

このページの先頭へ