災害について

『 アトランティス協会の皆様お世話になっております。
昨夜、放送されていたテレビに興味がなく、ふと本を読もうと思い「SUPER浄霊2」の内容に「今後は自然災害と突発的災害が頻繁にやってくるようだ。今世は魂の氷河期に入ったことを誰も知らない。これからも今後の肉体的な魂的な天変地異の始まりでもある。」と記載してありました。
西日本の災害もその始まりなのでしょうか、先程も川の氾濫があり住民の方々の避難勧告が出ていたと報道されていました。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。 』

  

星椎水精先生のコメント

地球の環境が大きく変わろうとしているのが、災害などでお知らせしている通りである。魂的にも理解のない者たちは、この期に及んで亡くなってゆく。テレビも面白い時代は去り、3流以下の者たちが出演しているが、常識のある者たちは、彼らの話は動物が叫んでいるくらいしか判断していない。服装は破れたジーンズを履き、髪は金髪。まるでサルのようである。来世は100%サルになる。そうなるための霊界へ助言をするのが、私の仕事でもある。
こういうサルたちは、21世紀には必要はない。人間が進化を遂げるためには、様々な障害があり、それを乗り越えるための能力がいる。その能力を抑え、足かせとなっているのが浮かばれていない先祖である。しかし、この先祖をうまく生かせば、本人や孫たちは数十倍の力を発揮することになる。従って、自分の目標を立てる前に先祖の浄霊(先祖供養)を行えば、計画がしやすくなり、浄霊された先祖も障害にはならず、来る災害を乗り切り、うまく道筋を立ててくれることにもなる。