火星

火星に無人探査機が着陸した。性能の良い2台の探査機が、すでに火星を探査しているのに、である。火星は、かつて地球のようだったと科学者が認めている。私の元には火星の都市や美しいドームや建物、遺跡の資料がある。なのに、それだけでは満足しない巨大なものを探査するという根拠があるようだ。中国やロシアに先を越されてはならない巨大な要素がそこにはある。おそらく資源か火星との協力の下での開発なのか・・・。

将来、火星が地球の移住基地となるのは間違いないだろう。ただ、かつての火星には大きな核戦争の後にオリンポス山の大爆発があり、住みにくい土地となったという歴史がある。だから、至るところに頭骸骨が散らばってもいる。非常に弱いが霊も彷徨っている。かつて、火星から地球を訪れた人類が、再び火星に新天地を求めようとしている。これも大きな歴史なのだろうか。

このページの先頭へ