淡路地震

『 星椎先生 スタッフの皆様

いつもお世話になっております。

2日前に私の住んでいる淡路島で震度6弱の地震がありました。

阪神淡路大震災以来は地震などめったになかったのでこの度 大きな地震が来た時は まさか淡路に起きるなど予想もしてなかったのでビックリしました。しかも震源地が家から10km離れた近くの場所だったので驚きました。テレビのニュースなどでは液状化現象など起こったり屋根が崩れたりして被害にあってる家が何軒もありました。私の仕事場の人達の家も窓ガラスが割れたりタンスなど倒れてきたりガスなど止まったり色々被害があったみたいですが私の家は震源地に近いのにも関わらずまったくなにひとつ被害にあいませんでした。(私の部屋の小物すら倒れもしていませんでした)

お墓も他の家の墓石が動いたり倒れたりしているとこもありましたが家のお墓はまったく動いてませんでした。先生に浄霊して頂いたご先祖様が守ってくれたのだと思いました。

本当にありがとうございました。 』

 

地震が頻繁に起こるのは、地球の地形が変わろうとしているためで、そこに人がいたから大騒ぎしているだけである。実際の日本は、昔は中国と陸続きであり、日本海は湖だった。長い年月で海となり、さらに地形が変わりつつある。

ただ、そこには大きな目に見えない力が働く。それは、先祖を浄霊することによって、家や墓の守りを確かにする。しかし、先祖を浄霊するに当たって大切なことは、自分自身が助かりたいがために行うと、先祖だけが助かり、自分の境遇が変わらない、と愚痴をこぼすだろう。

ここの震災があっても、お墓や家での被害が全くなかったのは、この人自身、先祖のことを十分考えての供養だったことを物語っている。

このページの先頭へ