浄霊後

『 こんにちは。先日はI家のスーパー浄霊を執り行っていただきまして心より感謝しております。本当にありがとうございました。

I家は父の実家になります。最近の父は少しボケが出てきているように見えます。誰もいないのに「俺の部屋に誰か寝てる」とか「子供がいるけど…」とか言う時がひんぱんにありました。でも私には、I家のご先祖様が来られていると思っております。ご供養後の次の朝は一時的かもしれませんが、父はずいぶん腰をまっすぐ立てて歩いていました。

ご供養当日静かなところで目を閉じていると、顔がたくさん見えます、その顔が集まって桃になったのです、桃の下に葉が2枚あり、その葉が桃をそっと包んでゆっくり上に上がっていきました。

桃?なぜ桃が?ご先祖様で桃が大好きだった方がいらっしゃったのかと?思います。

その後墓所の浄霊もしていただき、四角いのが白くなって上がっていきました。以前隣家の友人Mさんの家の土地の浄霊を見させていただきました時と同じでした。

これでご先祖様も安心してくださっていると思います。次に向かって頑張っていただきたいです。

もう一つ不思議なことが、水晶のネックレスがひんぱんに熱くなって来るのです。1日で特にご供養の後にです。私のかってな考えですが、ネックレスの水晶さんから何かメッセージが来ているのかと思ってしまうのです。このようなこと初めてなのです。私を守ってくださっている、それだけではないような気がしてしかたありません。

一日たって今日は朝から涼しくて過ごしやすいです。とってもさわやかな日です。

今回のご供養、本当にありがとうございました、たくさんの神々様をはじめ先生やスタッフの皆様には心より感謝しております。これからもご供養を進めていきます。今後もどうぞよろしくお願いします。 』

 

ここでの「桃」の話は、先祖に桃の好きな人がいたのではなく、スーパー浄霊をしたお祝いの意味がある。目出度さの象徴として、華やかな桃を先祖が見せたのであろう。「水晶のネックレスがひんぱんに熱くなって来る」のも先祖からのメッセージで、「ちゃんと守るからね」とも伝えている。

このページの先頭へ