浄霊シーン

『 本日は、ご先祖様のご供養を執り行っていただきまして誠にありがとうございました。
ご供養の時間に目をつむっていると、体が上下に揺れ、暖かい光を感じれたので、今ご供養が執り行われているのだなと実感出来ました。それが五分から十分くらい続きました。
まだ成仏されていないご先祖様がたくさんおり、焦っておられるご先祖様もたくさんいると感じていますが、私も負けず根気よく供養を進めていきたいと改めて思っています。 』

星椎水精先生のコメント

「体が上下に揺れ」とあるように、先祖が本人の肉体深く入り込んで、抜けてゆく状態で、「暖かい光を感じれた」は、その出た穴から光が差したことを意味する。
霊感のある人は、浄霊の凄さをこのように味わうことができる。最近は、浄霊も出来ないのに浄霊という言葉を使う霊能者が多い。そのような者たちは、まず偽物と思った方が良い。私は、彼らの目の前で検証できる。

このページの先頭へ