浄霊シーン

『 先日は、二名の浄霊をして頂き、誠に有難うございました。 御礼が遅れまして申し訳ありません。 瞑想時に感じた事を報告させていただきます。 座る事が出来なかったため立って瞑想いたしました。11時から間も無く体が左右に揺れだして、ゆる体操みたいでした。米粒のように小さな人の顔が一塊になっている映像が見えました。揺れが止まると、体か前後に揺れ、涙がこぼれました。悲しみでは無く、解放された喜びと感じました。 11時7分に瞑想を終えて職場に戻り、仕事を再開した後、疑問が頭の中を回転しました。何故、皆は本物の先祖供養を行わないのか?ということです。 他人はどうあれ、私の先祖は全員助けるという気概を持って頑張ります。 浄霊の儀、有難うございました。 』 浄霊シーンをこれだけ鮮やかに把握していれば、先祖を助けるという意味が理解できるだろうし、続けて供養をするのも楽しみになる。しかし、これだけ見事に浄霊シーンを見ることは一般の人は難しいと言える。日本人の皆がこちらの浄霊を受けることが出来たのなら、もっと日本は平和になるだろう。