浄霊の感想1

『 旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。

新しい一年も皆様方のご多幸と、大勢のご先祖様と神々様が星椎先生から浄霊を受けられますようお祈り申し上げます。

ところでこのたびは不慮の原付スクーター転倒事故で若くして急逝しました、私と漢字一字違いで同姓同名の大学時代のクラスメイトEさんの浄霊を執り行って下さりまして本当にありがとうございました。私が気付いたことを報告いたします。

浄霊の2~3日くらい前から、仕事上のトラブルで悪いことに弱り目に祟り目になったこともあって落ち込んで、先の見えない不安感と恐怖感にさいなまれました。(ちなみにトラブルの件は綱渡りですが解決の糸口が見えてきました。)

そして前日くらいから体のあちこちで打ち身のような痛みを覚えるようになりました。

以前に大学の先輩がバイクツーリング中にコーナーで転倒して鎖骨を骨折した時の経験を私に話して聞かせてくれたことを思い出し、Eさんが私に、路面に叩きつけられる直前の恐怖と幽界での苦しみを訴えて居たのだと直感しました。

事故の瞬間、彼のスクーターがスリップしてバランスを崩してスピンしたとき、慣性と遠心力で体がサドルから浮き上がり宙を舞ったと思います。

そのとき今までの記憶が脳裏に走馬燈のようによみがえる中で、Eさんは大変な恐怖の中で、「もうダメかもしれない」「まだ死にたくない」と心の中で叫んでいたはずです。

恐らく自分が何故死んだのか訳も分からず、交通事故現場で佇み続けていたと思います。

青春まっただ中で突然人生の前途を絶たれた無念さは言葉に表せません。

勉学も部活も私生活も、そして将来への夢も、全てが一瞬で絶たれてしまったのです。

私は心の中で「星椎先生が必ず助けて下さりますから、どうかもう少し待って下さい」と念じました。 』

 

長い文なので3つに分けてみた。霊感があるので、結構リアルな映像が自然に浮かんでくる。

 

このページの先頭へ