浄霊の感じ方

『 先日は、曾祖母Nの浄霊を執り行って頂き、誠に有難うございました。 今回は、Nさんのうれし涙を頂戴したほかに、いつもとは多少異なった事柄を経験いたしました。 お時間ちかくになり瞑想しておりますと、頭の頂点に軽く触られた様な感じがしまして、 そのあたりからスーッと頭が上へ引っ張られるような気が致しました。これで、あぁ、 上へあがって行かれたのだな、と安心いたしました。 今回も星椎先生、姫路様、皆様のおかげをもちまして、ご先祖様をお送り頂く事が出来、誠に有難うございました。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。 』 浄霊の感じ方は、人それぞれだが、古い先祖霊が浄霊される時は、スポッと抜ける場合と意外に粘着性を帯び、更に痛みを伴う場合とがある。 台所で汚れを取る時にこびりつき黒ずんだ箇所がある。古い霊はそのように粘着性があり、巷の霊能者の力ではどうにも取ることが出来ないようになっている。  神々に依頼してもそのような粘着性のある霊を上から吸い上げることは不可能である。私の力は、下から上に持ち上げる方法をとっている。 体に付いた霊は、出口となっている頭頂部からスッと抜けて行くようだ。それを理解したシーンである。