浄霊の意味

『 お世話になり有難うございます。
お陰様で私も息子も何事もなく平穏無事に毎日を過ごしております。
いつも、姫路さんには、お電話で「調子どう?」と、聞いていただいているのですが「可もなく不可もなく平和な毎日です。」というやりとりがここ何カ月か続いています。
この何事もない日常が、心地よく有難く思っています。
今でこそ、穏やかな安定した日々を過せていますが、御供養を始めてからの11年間。色々な事がありました。お願いした当初の状態は酷く姫路さんには、お電話で、 いつも泣き言を聞いていただいていました。身内の争い事も多く、私の身辺はかなり荒れた状態でした。
それに加えて私自身、霊媒体質である事が大きく災いし、暗闇では悪寒を感じ、金縛りも頻繁にかかっていました。
しかし、今では家も落ち着き、全く金縛りにあうこともなく、暗闇の恐怖も感じません。不思議なものです。先祖供養を継続しているうちに、いつの間にか体質さえも変わってしまったのです。私自身、強くなった気がします。
私がここまでこられたのも、宇宙クラブの皆様の激励と同時期に始めた友人の支えがあったからこそだと、本当に感謝しています。今後とも宜しくお願いします。
最後になりますが、星椎先生のコラムを読み第一歩を踏みとどまっている方へ。
星椎先生の他に本物の浄霊を出来る方はいらっしゃいません。
どうか勇気を出して1人でも多くのご先祖様を救ってあげて下さい。 』

星椎水精先生のコメント

これは、1月11日に使用したものであるが、再度、コメントとして記載してみると改めて次のような新たなコメントを付けたしてみることにした。

私が浄霊が出来ることの意味が分かっていない人が多い。
世間では、キリストや釈迦を神として崇拝している傾向が強い。がしかし、彼らには浄霊の力はなかった。キリストにおいては、その歴史すらない。人間が作った虚像ともいえる。宗教とは、ある意味でそういうものである。
その憧れに頼る傾向が強いが、その憧れの本筋と、浄霊とは全く関係がない。
今回の私の役目は、肉体を普通で装い、実質を理解することを約束されている。従って、その実質を依頼者が、どれほど理解するのかがテーマになっている。
理解するのは、依頼者で私本人ではない。そのためには、依頼者が耳を澄まし、体で感じなければならない。世の偽物は、依頼者を無視し、教祖なるものが勝手に判断を下し、金銭を要求する。これは、数年も経てば、何の変化もないことが分かるし、偽物だった、と理解できるだろう。
本物は、逆に数年経てば結果が出てくる。そこが大きな違いだろう。
浄霊は、巨大な科学である。科学を理解しないものは、まず、浄霊など出来るわけがない、と思った方が良い。私の背後には、巨大な科学が存在する。そして、巨大な光が存在する。その巨大な光によってあらゆる霊たちを霊界へと運ぶことが出来るのである。
上記の人は、長い時間をかけて、この浄霊を分かり始めた、と私は理解した。

このページの先頭へ