浄霊の効果

浄霊の効果

いろんな宗教団体が多い中に、殆どの団体では、本を読めだとか、毎日来ないと効果がない、とか施餓鬼供養などと言ってはお金をとり、実際の効果が見出せないのが信者にとって疑問が出るところだろう。浮かばれない霊たちは、子孫に対しては、遠慮なく体の中に侵入したり、家の中をうろうろしたり、結構騒々しいというのが私の見解である。重い病気で亡くなったものは、優しい子孫に対して体の奥へ入り、同じ病巣を作るようだ。だから、リュウマチや心臓病、肝臓病で亡くなったものの霊が子孫の体に侵入した時、同じ病気で苦しむ。病院の先生は、遺伝を説明するが、治せない場合に備えての言い訳にしか聞こえない。特にガンはその傾向にある。しかし、体の中に侵入した霊が浄化されると、病巣に変化が現れる。肝機能が異常に高かった人が、浄霊を行った時、すぐに下がったり、自殺した人を浄霊した時に、子供の鼻血が止まった例、初期のガンと診断されていたのが消えていたり、慢性の腰痛が治ったり、などさまざまである。霊障を起こさないので、花粉症などの皮膚そのものにも健全が保たれることが多い。霊障がひどい時には、拒食症や過食症になったり、内臓に数十人分くらいの負担がかかるので、老化現象も早くなるようだ。霊障がとれると、老化現象も遅くなり、体が温かくなったり、皮膚に自然の油が湧いてくるなどの人によっては、さまざまな要素が出てくる。ただ、そのような現象を起こしているのは、一体や二体などのことではないので、結構数を要する場合がある。ただ、自殺者やガンで亡くなった人の霊は、それ自身かなり重いので、浄霊すると体が軽くなり、周囲がパッと明るくなったりする。いろんな美容食や健康食品でお金を費やすより、はるかに効果があることだけは事実である。そのほかに交通事故が極度に少なくなり、目のかすみ、異常なゲップ、不整脈も次第に落ち着きを見せ始める。
このように先祖供養は奥が深く、健康など普段の生活に密着しているので、やればやるほど効果が出てくる。ただ、あまりに計算高く、先祖供養を考えてくると、その効果は本人を通過して、普段努力している親族が優先的に効果を発揮するようだ。やはり、そこには打算があってはいけない世界だと私は思う。
私は昔、健康機器の会社で働いていた。そのために健康と医療のことは良く分かるし、最近まで気功整体院を経営していたので、総合的に肉体と霊障のことはよく把握している。それだけに、原因不明の病気や治療不可能な病気の底には、霊的な作用が大いに関係しているのを、声を大にして言いたい。ただ、浄霊をするからには心を込めてやらないと効果は期待できない場合もある。しかし、必ず何らかの効果が出るようになっている。街中で行っている霊能者は100%出来ないと断言する。逆に変なものを取り込んできて、抜けない場合もある。例えば、狐狸の類がそうである。狐が入ると、おいしいものやお酒を飲み食いし始める。目が釣りあがり、逃げ足が速くなる。最期は病気になって、気が抜かれてしまう。
本当の浄霊は、家庭に明るさが戻ってくるので、そのことを念頭に実行すると良いだろう。

このページの先頭へ