沖縄慰霊の日

6月23日は、沖縄慰霊の日である。おびただしい数の住民を巻き込んだ地上戦が沖縄で繰り広げられ、20万人を超える犠牲者が出たとされている。その悲惨な戦闘が集結して、今年で75年となる。
テレビでは、戦争語り部が当時の話を学生たちに語り、それを聞いていた学生が涙している姿が映し出されていた。この涙は、犠牲者たちの涙に他ならない。語り部を通し、無念さを訴え続けている。戦争が終結して75年が経とうとしているが、未だに戦争犠牲者たちは成仏されていないのである。いくら慰霊祭を行おうが、僧侶がお経を何百回上げようが、成仏とは無縁である。
今の若者は、自分は戦争とは関係ないと考えている。しかし、戦没者たちの尊い犠牲の上で、現在の我々の生活が成り立っているのは事実である。そのことを考えれば、一刻も早く浄霊してあげるべきなのだが、まだまだこちらに依頼してくるものは少ない。心ある末裔が、早くこちらの浄霊に気が付いてもらいたいものである。
(2020年6月23日)