水晶

『 星椎先生、姫路さん、宇宙クラブの皆様、いつも大変お世話になっております。 この度は、突然の水晶のお願いにも関わらず、すぐに対応して頂きありがとうございました。水晶をつけ始めてからまだ3ヶ月ほどですが、手放せません。 2年ほど前から、人混みや病院、電車などで気持ちが悪くなったり、動悸がしたりするようになり1人で外出できなくなりました。ご先祖様の浄霊を始めてから、少しずつ以前のように戻ってきたのですが、まだ不安からどこへ行くにも飴が手放せませんでした。それが、水晶をつけるようになってから、不安がなくなり、外出したいと思えるようになりました。また、人の顔を見るのが苦手で、目を合わせることも極力避けていたのですが、それができるようになりました。外出するとすぐに疲れていたのがなくなりました。普通に外に出られることが、本当に嬉しいです。 水晶をつけ始めてから、身体の痛みもなくなりました。先日、久しぶりに腰や右膝が痛み、おかしいなと思いました。初めて行った場所で、軽いフワフワした感じにもなりました。その後、母が姫路さんにお尋ねした所、水晶のパワーがおちているかもとのことでした。数日後、再び水晶を見てみるとネックレスが伸びていました。慌てて、姫路さんに電話をしたらすぐに対応して頂き、本当に感謝しています。水晶のパワーがおちるというのは聞いていたのですが、つけて3ヶ月でおちるとは思いもせず驚きました。 新しい水晶に変えてから、膝の痛みなどの症状がなくなり身体も軽くなりました。東京での結婚式にも、ベストな状態で無事に行くことができました。 私は、自分が受けやすい体質だということを何となくは理解していたのですが、ここまで身体で実感している自分に大変驚いています。今後は、今まで以上にしっかりと母と共にご先祖様の浄霊を頑張りたいとおもいます。ご指導のほど、宜しくお願い致します。 』 オーラの薄い人にとっては、水晶は欠かせない。それこそ、裸で寒空を歩いているようなもので、防御すべきものは必要である。そこでの水晶は、衣類の役目を果たし、防寒になったりする。ただし、水晶も強烈な衝撃を受けることも良くあり、先祖供養が初期の場合、何度も水晶を変えなければならないことも多い。先祖供養が進んでゆけば、次第に末裔のオーラ自体が厚くなったりするので、水晶を変える回数も少なくなってゆくだろう。