気づき

  『 いつもお世話になります。
浄霊を執り行っていただきましてありがとうございました。
今回は久しぶりに自宅で瞑想することができました。
しばらくすると煙がモクモクと出るようなものが見えたり、次に赤い光が見えたり白い光も見えました。
最後に、息を深く吸い込んで少し吐き、また深く吸い込んで少し吐きと何度か繰り返した後 やっとたくさんの息を吐くことができました。
もしかしたら重い病気で長い間苦しまれていたのかもしれないと申し訳なく思いながら「無事に成仏してください、幸せになってください」と祈りました。
本当にありがとうございました。
また先日はコラムにも体験を掲載していただきありがとうございました。
ご先祖様に助けていただいた家族の中から地球を救う人物が現れて欲しいとご先祖様に地球が期待しているという壮大なお話にとても驚きました。
貴重なお言葉をいただきありがとうございます。
今、色々なところで地球の危機のようなお話を聞きますが、1人でも多くの人がご先祖様の存在に気づき、浄霊を進めていけば、地球を救うことに繋がって素晴らしい世界になるのだと思いました。
その為には今の生活の中でまだまだご先祖様のためにできることがあると思うので新しい年への準備もかねて生活習慣から見直していきたいです。 』

  

星椎水精先生のコメント

転生を願って、誰しも良い人生を送り、それが地球のためになることを願っている筈である。しかしながら、様々な障害があり、その障害によって自分の願う人生を送れないのが現実である。それは、視野に制限を設け、前しか見えないように設定しているからであり、霊界で見せた現実とは大幅に違っているのが分かるようになる。それが、この地球での修行と言える。一般的には、肉体の背後には、大勢の先祖が成仏せずに並んでいる。通常2列になっている場合が多く、その2列は、母方と父方である。細かく分析すれば、その2列も末広がりになっている。自分の行いをするためには、早い段階で、この先祖たちの重さに気づくことである。気づいて彼らを浄霊すれば、計画通りの人生を送ることが出来る。それが速いのか遅かったのかは、大きく人生の方向が変わるポイントとなる。上記の人は、それが少しずつ分かり始めた段階といえる。