気づきの世界

『 先日はご先祖さまをご供養していただきまして、誠にありがとうございました。
いつもご供養を引き受けてくださいまして本当に感謝しております。無事に成仏されたとのことで、とても安心いたしました。
先日、私事ですが嬉しいことがありましたので報告したいと思います。
地区の役員を受けたことなどの理由から、一年前からパソコンを習い始めたのですが、勉強しているうちに何か一つ資格を取ろうと思いまして、『MOS Word 2013』という資格に挑戦してみたところ、今月の始めになんと、合格することができました。
試験など運転免許以来でしょうか、30年ぶりでしたので、すごく緊張してしまい手も震えてしまいました。終了時点ですぐに合否がわかるのですが、画面に合格の文字が出た瞬間は嬉しいというより身体の力が抜けてしまいました。そのあとは飛び上がりたいくらいに嬉しさがこみ上げてきました。
足掛け一年、お金もかかるし何度途中で辞めようと思ったか知れません。でも、頑張って試験を乗り越えた時に何か自分に得るものがあるのではないかと思い挑戦してみました。
こんなことを言っては失礼だと思いますが、今回の私の経験したことは、先祖供養と通じるような気がいたしました。
星椎先生の先祖供養は誰にでもできるものではないと思いますし、マラソンのように何度もくじけそうになりながらも続けていけば必ず『やっていてよかった』と思えることがあるということです。また、そう思えるにはそれなりに努力も必要だということを今回の経験を経て改めて教えてもらったような気がいたします。
自分勝手な解釈で申し訳ないのですが、これからもご先祖さまのサインを感じ取りながら、見返りなど求めずに目標を持ってコツコツと先祖供養を頑張っていきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願い致します。
この度は星椎先生をはじめ、宇宙グラブの皆様、本当にありがとうございました。 』

人間の努力は、先祖の行いの積み重ねである。先祖が職人であったのなら、末裔は職人の意識が遺伝子に伝えられ、職人としての意識が芽生え、確実に伝えられる。遺伝子の積み重ねがその人の人生を導いてゆく。
こちらの浄霊は、そのような遺伝子の状態を良い方向へと赴かせる働きを持っている。これは、宇宙科学へも通じる行為である。従って、宇宙の理論も理解していない巷の霊能者では、浄霊は完全に不可能である。
そして、少しでも上記にあるような先祖からのサインを見逃さないように、末裔は気を付けなければならない。

このページの先頭へ