棺桶の夢

『 本家と家とは隣同士です。

本家は祖父の先妻家族が住んでいて、私たちは後妻の家族です。

「祖父が亡くなった時、本家(先妻)と家(後妻)とどちらが葬式を出すか話し合いをした」と父から聞いていました。

父母を初めて浄霊した夜に、本家と家の間に棺桶が置いてある夢を見ました。「何これ?何これ?」と、とても恐怖でした。夢で、「これ家の棺桶?」と言っているところで目を覚ましました。目を覚まして「あっ!祖父のことだ!」と思いました。直ぐに祖父母の浄霊をお願いしました。 』

 

棺桶の夢は、先祖からのお知らせと相場が決まっている。ただ、このことに気が付かない末裔が多いので、先祖としては、止むを得ず障りがエスカレートせざるを得なくなって行き、戦国の武将か、更に進んで、魔を呼び寄せる方法を取る。魔が入る頃は、家も崩壊へと向かっている。

このページの先頭へ