東京都知事

北九州市八幡東区出身の舛添という男は、東京都知事の器ではないし、地元でも評判が悪い。
高校の教師は、彼を褒めちぎっていた。それは、単に成績が良かっただけで、性格の悪さは伝わってはいない。日本では、成績の良さが、人物評価と同様に見られがちである。しかし、それは脳の記憶部分だけが少し突出しているだけで、全体の知能は、彼に関しては低レベルである。
彼の名前が出たのは、「TVタックル」というたけしの番組から有名になった。悪魔に身を売ったこの男の番組は、皆没落する運命にあるようだ。
そもそも舛添の過去世は、江戸時代に町を統制する管理職だった。商人ともつながり、賄賂を十分得ていた。今の姿を裃(かみしも)に置き換えると理解できるだろう。当時は、賄賂が横行していたために、大きな問題にはならなかったが、今世は、それを修正するために生まれて来た。しかし、昔と変わらないままの性格は、ここで大きな衝撃を受ける結果になるだろう。
家庭内は、先祖が暴れて、結構、親族同士の醜い争いがあるようだ。当の本人は無神論者なので、常にどこ吹く風である。
東京都知事という職を利用しての今回の騒動は、市民が怒りの矛先を維持したまま、彼が仕事を失っても消すことのできない汚点を作ってしまったようだ。

このページの先頭へ