東京都知事

東京都知事が小池百合子に決まった。
今回、小池百合子が立候補する前に、スタッフから誰になるのか、と聞かれて、小池百合子の顔がすぐに浮かび上がった。
彼女は、自民党らしくない正義感の持ち主である。安倍首相のようなお坊ちゃん政治とは違う、政治家としての信念を感じる。
ただ、これから様々な横やりが入るであろう。しかし、その邪気をどのように払いのけられるのかが、今後の課題となるだろう。
増田という男は、非常にずるい男で、小沢一郎を足蹴りにして岩手県知事を行い、今回、中途半端なまま立候補をしている。実効性のない男で、先祖の顔を見ると、非常に弱弱しいものばかりである。
鳥越という男は、単に目立ちたがり屋で、ジャーナリストとしては自由にモノが言えても、政治家としての素質は、舛添以下である。演説が支離滅裂であることから、都民はこの男を選ぶはずはないし、先祖に政治家の気質を持ったものがいない。こういう男が都知事になると、信念がすぐに頓挫するので、都知事をすぐに辞めることになってしまうのである。
今度の選挙で、自民党は、本当の支持者がいないことに気づいたであろう。
支持政党がないために止むを得ず自民党に投票しているのである。そこに気づかない自民党は、本当の政党が現れたのならすぐにも消えてほしい政党であることに気が付かなければならない。自民党の年寄連中が、寿命のないものばかりで、若者ばかりになった時、自民党は崩壊する。先祖たちの応援も無くなってゆく。時代が変わろうとしている。

このページの先頭へ