来年

ちょうど今年来年にかけては、大きなカーブを描くほどの変化が訪れている。 この変化に対応するには、自分にお金を継ぎ込んだり家に投資するのではなく、先祖を救ってあげる方が、道筋としては安全策と言えるだろう。 なぜなら、先祖と末裔には一体感があり、それに気付かないと末裔に災いが襲ってくる仕掛けになっているからである。そのことを忘れずに来年も先祖の供養に励んでは如何だろうか。             星椎水精