末裔

『 星椎先生をはじめ、アトランティス協会の皆さま、浄霊(先祖供養)を執り行っていただきまして、誠にありがとうございました。
浄霊日の夕方には、姫路様とお話させていただきまして、誠にありがとうございました。
悪い水晶を持つ危険性と水晶の寿命や大切さをあらためて教えていただきました。本当に助かりました。ありがとうございました。
それから、主人の昇格試験(課長補佐)に合格した事を喜んでいただきまして、誠にありがとうございました。
主人が試験に合格できたのは、まさしくご先祖様の応援のお陰だと身にしみて実感しております。
ますます浄霊を頑張りなさいという事だとも思いますので、今後も油断せずに気を引き締めてまいりたいと思います。
それから、主人の煙草の件ですが、星椎先生の本の中でも煙草は悪い事と再三書いてありますので、いつもきまりが悪い思いをしておりました。
とにかく早くやめる方向に持っていきたいと思います。色々とご助言をいただきまして、誠にありがとうございました。
2018年もあとわずかになってしまいましたが、今年のはじめに愛猫が亡くなったことから悪い方向に転落しかけていたところを、星椎先生のご厚意と浄霊のお力のお陰で、試練を乗り越えることができ、今こうして毎日普通にご飯が食べられて、普通の精神状態で生活することができている事に、本当に感謝の気持ちでいっばいです。
来年も今年同様に「必死さ」を忘れずに先祖供養に励みたいと思います。
大変お世話になり、誠にありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

末裔のあり方は、先祖の上に成り立っているのだと考えて欲しい。
日本人は、「自分が努力したから自分が偉いのだ」と思う人ばかりである。努力するための素地がなければ、その素地を作らなければならない。その努力をしたのが先祖でさらに努力を重ねることにより、子孫は繁栄をもたらしてゆく。
仮に一人でも犯罪者がいれば、その繁栄は報われることがない。従って、先祖の積み重ねと言うのはいかに慎重にいかに間違うことのない歩みをして行かねばならない。
先祖の中には、間違って道を外した者もいるだろう。そんな重い先祖も浄霊で助かるのだから、浄霊は大切な行事といえる。その仲介を成すのが、あなたたち末裔の仕事となる。