未成年の自殺死亡率

『 政府は16日午前、2019年版「自殺対策白書」を閣議決定した。18年の自殺者数は2万840人で、9年連続減少した。前年から481人減り、37年ぶりに2万1000人を下回った。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率は、1978年に統計を取り始めて以来、最も低い16・5だった。ただ、19歳以下の未成年の自殺者数は前年より32人増えて599人となり、自殺死亡率は2・8と、78年の統計開始以来最悪だった。 』(Yahooニュース)

現在の未成年の自殺は、年々家庭環境の劣悪が増加していることを示している。最近特に顕著なのは、役所を訪れた時に、以前より遥かに無表情の人が増えている。顔の表情に、感情を示す柔らかさや温かみを一切感じなくなった。事務の仕事をしている人、エレベーターですれ違った人たちから、家庭での災いが目に入ってくる。彼らは一人前の顔をしているのだが、家の中は、自殺の出るような家庭が多い。勿論、口に出すことはないが、先祖に対する考えが形式的であったり、中には仏壇のない家庭も多い。彼らを助けるための助言や気持ちは、殆どない。かつて、ある自衛隊員が、私の事務所を訪問した事がある。メールでは立派なことを書いていたが、家が相当荒れていることも理解できた。こういう人物が、最期は自殺へと向かうのだなとも思えた。
自衛隊員も自殺者が多く、家庭での相談相手がいないために、行き場のないことを理由に浄霊を申し込んだようだった。しかし、本心からの先祖の供養が出来ていないために、しばらくして音信不通となった。人は、自分一人で生きているのだと思いがちだが、多くの先祖に支えられて生きているのだと理解しなければ、こちらでの浄霊は続かないし、荒れ果てた家庭の延長の中で、未成年の自殺へと繋がって行く。