月面

NASAは様々なことを隠している。エリア51の地下には、巨大な地下道が張り巡らされ、高速鉄道によって都市との連携がとれている。猛スピードの進化が遂げられて、科学はかなり進化している。アポロが月面に到着した場所は、何故、「静かの海」だったのかを誰も知らない。それを隠すために、月と地球の2元中継を行っていた。地球は月によく似た地形のエリア51が選ばれていた。月面の「静かの海」には、古代遺跡が有り、完全に廃墟となっている。しかし、私の手元にその廃墟を写したと思われるビデオは存在するが、どう見ても小型核兵器による戦争の跡だった。さらにNASAは、月面に漂着した謎のロケットを調査している。それは、数万年前の巨大なロケットらしく、中には人類と同じ形状の遺体が、風化されずに存在した。それは美しい女性で「月のマドンナ」と呼ばれている。そのそばには、彼女の書いた遺書があり、どうも核戦争の様子が綴られているようだ。転生もしない彼女の霊体は、生々しくそのことを強く訴えている。人類は、いつの時代も戦争を絶やしてはいないようだ。

このページの先頭へ