最後の挨拶

いよいよ今年も最後。今年の後半は、皆さんの龍神上げが多かったせいか、12月13日(金)に、車で会社へ行く坂道を下ってゆくと、夕方の雲の多い大空から、太陽の日が2つの木漏れ日となって、会社近くへ降り注いでいた。まるで龍神殿の大きな2つの目のようだった。神々しく逞しいその光は、まさに龍神殿が喜んでくれたのを印象付けた光。私は車の中で、会社に着くまでその光景を見続けていたのである。

龍神殿だけではなく、皆さんも良い年が迎えられますように、宇宙クラブ一同祈っています。

このページの先頭へ