映画「ダマスカス」

ダマスカス ケーブルテレビで深夜に見たこの映画は、中東の生に近い戦争が主題になっていた。ISISがどれほど怖い存在かをその映画は、生々しく伝えていた。
我々は、そのような場所には当然踏み入れることなどない。戦場の記者だって人質にされ殺されている。いまだに解決しないシリアの情勢を少しでも知りたければ、この映画を見る価値はあるだろう。先祖の血に流れるイスラム教の捉え方が、種族によって全く違うものとなっている。こういう映画をよく作ったな、と言うのが私の感想である。