方位除け

『 お世話になっております。
先日は、方位除けを送っていただきありがとうございました。
さっそく方位除け3枚を問題のベット横の壁のある部分に貼り付けました。
贅沢だなあと思いながら、「この辺だったかな?」と思った場所に、三角形に貼り付けました。
イメージとしては、しっかりした扉でカギをかけたような感じを受けました。
最初は方位除けをしていたので、「もし先祖だったら。。。」とも思いましたが、相談させていただくことができて良かったです。
3月3日の先生のコラムに方位除けの話が掲載されていて、本当に世の中が荒れてきているのだなと納得です。
方位除けしているのに、「通り抜け侵入」とはとんでもない話ですね。
現在は、その抜け道もふさいでいただいたと思いますので、安心して就寝することができています。
また、寝床の近くに方位除けのパワーがあるのは防犯万全のようでありがたいです。
本日は会社の方で労働災害があり、顎や首の骨を折るなどの大変な事故だったようです。
3年前に高所から落下して大きな事故があったばかりだというのにと、
いかに先祖が荒れ、世の中が荒れてきたのかをまじまじと見せられているような気がします。
こんな数年ペースで大事故がおきるようでは、いつ人が死んでもおかしくないなとさえ、本日思いました。
私は自分のできる範囲でしっかり供養を進めていきたいと思っております。
ご先祖様に守っていただいているとは思いますが、それに甘んじることなく注意していこうと思います。
この度は、方位除けありがとうございました。
また、ご供養よろしくお願いいたします。 』

星椎水精先生のコメント

元々、動物の場合、「けもの道」があるように、霊や悪魔もいくつも「霊道」が存在する。その「霊道」の上に家が建てられるので、「進入禁止」のお札がなければ、彼らは遠慮なく通ってゆく。途中に人がいれば、「邪魔だ」と言わんばかりに襲ったりする。
従って、力のある「進入禁止」のお札は必要だろう。ただし、力のない「進入禁止」のお札は、全く意味をなさない。霊能者からもらったお札とか、宗教団体から買ったお札は、殆ど効果はない。

このページの先頭へ