方位除け

方位除け

『 私自身が体験談に共感して宇宙クラブの門を叩いた経験が一番大きいと思います。他の方へのきっかけになればとの思いで、体験談を書きました。真実をありのままに書いているのですが、こんなに難しいとは…こちらが伝えたい事を、より100パーセントに近づけられるようにより磨きをかけております。
店舗用の方位除けを購入させていただきました。その件での体験をお知らせ致します。私は電気屋を営んでいます。その店舗は作業道具置き場として現在活用しております。元々は亡き母が住んでいまして住居兼店舗となっておりました。母が亡くなった直後は、母への想いが溢れ出し、その店舗に近づくことも出来無いぐらい怖くて悲しい感情で支配されていました。
この様な事を人様に話すと笑われてしまうかもしれませんが、真実なのでお伝えします。
「方位除けを東西南北鬼門裏鬼門に貼るという簡単な行為を決心するまでに、実は1週間以上要してしまいました。」
実は、母が寝室にしていたお部屋に入る事が辛くて辛くて仕方なかったのです。
並行して母の浄霊もしていただきました。それからでしょうか?少しずつですが私の心に変化がありました。
方位除けを貼りたいという思いが急に湧いてきて、その日のうちに1階と2階に合計で12枚貼っていきました。
店舗の各お部屋を改めて見回してみると、あれだけ薄気味悪く、鳥肌が立つほどだったお部屋が一瞬で気持ち良くなっていました。
今では夜でも普通に行き来できるほど店舗の雰囲気も改善しております。
自分の想像を遥かに超えるくらい方位除けは効果がありました。感謝の気持ちをメールで送らさせていただきます。星椎先生、姫路さん、そしてスタッフの皆様ありがとうございました。  』

星椎水精先生のコメント

普通の家でも、結構きれいにしている家でも、その家に入ると重苦しい雰囲気の家は多い。というより殆どの家は、浮遊霊を容易に受け入れている。
浮遊霊と先祖霊が仲良くなったりするので、防御のための方位除けは必要だと言える。浮遊霊と先祖霊が仲良くなると、家自体が荒れ始める。霊感のある末裔は、実家に寄り付かなくなったりする。その積み重ねは、家族を分断へと導く結果となり、やがては絶家を迎えることになる。
この家のように、浄霊をしてゆきながら方位除けをするのは、理想的である。

このページの先頭へ