方位除け

  『 星椎先生、宇宙クラブの皆様 いつも大変お世話になっております。雨が多い7月だったのではないかと思いますが、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。 先日はS様のご供養を執り行っていただき、誠に有難うございました。ご供養の朝は小雨が降って、お清めの雨かと思いました。ご供養が始まる前、夕方になってから空が晴れ青空美しい日暮れ時を迎えまして、ご先祖様がこの日をお喜びなのだと思いました。長い間お待たせした挙句に、宙ぶらりんのような状態でお待ちいただいて、この日を迎えたことはとてもありがたいことです。 どこを見渡しても良くないことばかりですが、こんな時こそ出来ることから、先祖供養から始める、粛々と自分の出来ることを進めて行こうと思います。 どうぞよろしくお願いします。 方位除けのコラムを読んで、家もやっぱり…と思いました。6月はうち壁のペンキ塗りやらで方位除けを外さなくてはいけなくて、やっとこの家のことがひと段落したのが7月中旬。もとに戻せるものは戻したのですが、肝心の裏鬼門のところには貼っていませんでした。気にはしていたものの、地下はちゃんと貼ってるから大丈夫、と勝手に思い込んでいましたが、ここに来てやっぱりどうしたことか、主人も私も些細なことでお互いにイライラしたり、天井から音が聞こえてきたりしてきたので、これは…と思っていたところにこのコラムを読んで、確信し、夜中でしたが、起きて外したままになっていた2枚のお札を貼りなおしました。お陰様で天井からだけでなくて他の部屋からも聞こえていた音がしなくなりました。星椎先生のパワー入りの方位除けはなくてはならないものです。改めて星椎先生の方位除けのすごさを感じました。引っ越し先のアパートは3階建てなので、あと一組お願いすることになります。また改めてお願いの連絡をいたします。 まだまだ夏本番。どうぞお体お大事にお過ごしください。 』


星椎水精先生のコメント

霊たちから見ると、方位除けは白い壁に見える。その壁を通過することはできない様だ。お寺や神社での方位除けは、非常に弱くそのような壁に見えることはなく、ただ字が書いているだけである。 ただこの方位除けも、少しずつパワーが落ちるので、毎年新しいものに替えるか、パワー入れをした方が良いだろう。