新聞の投稿より

『 ≪自立しない30歳間近の長男
50代のパート女性。母子家庭です。もうすぐ30歳になり長男が経済的に自立せず悩んでいます。長男は大学を中退して家を出て、アルバイトで生活していました。しかし、昨年秋に辞め、今は無職。この3ヶ月ほどで数十万円貸しています。もうこれ以上援助はしてやれません。この春、娘が大学に進学し、そのお金も必要です。
顔を合わせる度に仕事の事を聞くのですが、単発の仕事だけのようです。真剣に探しているようには感じられません。先日、ガソリン代を貸してくれと言うので、思っていたことを口にしたら、壁に頭をたたきつけられました。私は恐怖とショックで涙が止まりませんでした。
息子は、自分がこうなってしまったのは私のせいだと言います。相談相手もおらず、息子もつらいかもしれません。今後、家族を泣かすようなことをするのではないかと悪い事ばかり考えてしまします。どう接すればよいのでしょうか。≫
上記の「人生相案内」という新聞相談の某精神科医は現実的な回答をしていました。それはそれで当然の回答でした。しかし、これでは本当の意味での、質問者が望んでいる「解答」には成りえないと思いました。これらのケースは今の世の中にはよくある話しだと思い、そこで星椎水精先生に改めて質問してみたいと考えました。
スタッフ:姫路 』

星椎水精先生のコメント

どの家庭も、ほぼこれと同じような状況ばかりで、それに対する新聞の回答が数十年同じ内容を伝えている。新聞が若者に受け入れられていないのは、お金を出してまで読む内容ではないと明言している。勿論、今の若者には稼ごうという意識は、昔に比べれば低すぎる。
意識が弱いのは、精神的に甘えて育った軟弱性にあり、密度の濃い生き方をしていない。そして、それに追い打ちをかけるのは強い先祖霊たちであり、それにも振り回されていることだろう。
強く優秀な魂が生まれるには、先祖の素地が大切で、末裔も意識がしっかりしていなければならない。
子供を育てるという行為は、日本人より白人の方が躾は上手である。現在の日本人は、子供が子供を育てる状態となり、親子はあっという間に逆転する。或いは、父親が子育てを放棄し母親ばかりに依存した結果、家庭の崩壊を導く。その崩壊の最大の原因が、先祖のことも何も考えないと怒っている先祖たちであることを認識しなければならない。

このページの先頭へ