放火

『 これはすべて実話です。僕が中学3年生の頃のこと。父母と小学校低学年の弟の4人家族でした。

その日は大みそかで、紅白歌合戦も終わり、良い初夢を願い寝たのですが、内容は覚えていないものの悪夢にうなされて、真夜中に起きてしまいました。

脈は激しく、脂汗が全身から吹き出し、冷や水を背中から浴びせられたかのようでした。

全身は硬直してます。

「新年早々。。。悪夢なんて最悪だ。」

喉が渇いていたので、冷蔵庫に行くためにリビングを通ると、なぜか僕以外の家族全員が抱き合ったような格好でテレビの前に座っています。

時刻はおそらく深夜2時過ぎ。リビングのテレビはつけっぱなしです。

音が出ていないので、無声でテレビをつけているのです。しかも、部屋の窓がすべて開けっ放し。

部屋は凍えるように寒くなっています。

この異変を見て、ゾッと寒気を感じずにはいられません。

「何やってんだよ?頭おかしいだろ。」

恐怖を怒りで隠すかのように、怒鳴ってしまいました。

弟はなぜか泣き出してしまい、両親は無表情で何もしゃべらず窓を閉めてテレビを消しました。

泣いている弟に「もう寝なさい」と促し、寝室に連れて行きました。

新年早々、意味がわかりません。

気味が悪くてその後は眠れず、朝まで部屋で漫画を読んでいました。

朝になり、「昨日のあれ何?」と両親にたずねると「は?」という返事。

昨夜の無表情と、今の怪訝そうな顔の落差。

あまりの不可解さに、まるで怪談話でも聞いているかのような感覚でした。

それからしばらく経ってからのこと。

また、悪夢で真夜中に目が覚めました。今度は微妙に内容を覚えていました。

見知らぬ人に、僕が後頭部を殴られるのです。

起きた後も、つむじのあたりがジンジンと痛むのです。

そして、なぜだか頭の中に「コンビニは安全」という意味不明な言葉が浮かんでくるのです。

「幽霊に襲われた」という考えも頭の中を駆け巡ります。

起きてリビングに行ってみると、夕食が焼き肉だったせいなのか、焦げた匂いがしています。

真夜中にここに来て、新年の奇怪な家族の出来事を思い出してしまいました。

その日は、またもや眠れませんでした。

2月になると、僕の体が異常に痒くなってきました。

乾燥肌だろうと、気にしていなかったのですが、背中と頭に焼けるような感覚が出てきて、ガリガリと掻きむしってしまいます。痒みは日に日に悪くなり、皮膚科に行き塗り薬をもらいました。

風呂上りに薬をぬっていると、弟が「僕にぬらせて」と言ってきます。

弟に背中を向けると、なぜか弟は「バチーン」と音が鳴るくらいの張り手を背中に打ってきました。「ふざけんな!」僕が起こると必ず泣く弟。

今も目に涙をためて、声は出さずに涙をポロポロ流しています。

でも・・・おかしなことに、顔は色味を失ったかのように白黒映像のようになって、いつの間にか無表情で涙を流しているのです。

なんだこれ。

気持ち悪い。

両親の方を見ると、両親もなぜか無表情で涙を流しています。

両親の口元を見ると、微妙に動いている気がする。

言葉をしゃべっているのか?

でも、何を言っているのか分からない。

次の瞬間、見えている景色がすべて真っ赤になり、そこから徐々に色褪せたセピア色になっていった。意識が遠くなる・・・・・・・・・

見覚えある風景だった。

ここはどこだ?

従兄弟の家?

そばには、深刻そうな顔の叔父が、僕の事を覗いています。

事態が全く飲み込めません。周りにはどんどん人が集まってきました。

今までのものはすべて夢だったのか?もうパニック状態です。

「記憶がないなら、このままでいいのではないだろうか?」と祖父が言うと、叔父は、

「いいや。何があったのか話しておかんとならん。まだ犯人も捕まってないし、近いうちに警察の人が来るだろうし。」そして、叔父から今回のことを聞かされた。

僕の家は、1月1日に放火され全焼したようです。

そのとき僕は、たまたまコンビニに行っていたので、助かったようです。

でも、犯人の顔を見たとかで、後頭部や全身を鈍器のような物でめったうちにされたとのことでした。そして、今の今まで意識を失っていたのでした。

搬送先の病院で生死をさまよい、ある程度回復してからは叔父の家に引き取られたとのことです。

もう3月になっていました。

2ヶ月もの間、記憶を失いリハビリを続けていて、やっと記憶が戻ったようでした。

すべてを知って、泣くしかありません。

今まで見ていた謎の夢が、ジグソーパズルのように繋がっていきました。

背中の包帯を取った時に分かったのですが、まだ青あざが残る背中には、弟の手のひらの形だけ無傷だったのです。

事件から5年経った今も、犯人は捕まっていません。  』

 

この話は、単なる放火による事故とは少し違うようだ。元々、放火は因縁による復讐が多く、事故や事件もその類である。過去世で、このものは逆の立場にいたようだった。(星椎)

このページの先頭へ