成仏

『 星椎先生、宇宙クラブスタッフの皆さまへ 1月15日に義理の祖父母の浄霊をしていただきまして誠にありがとうございました。 私は、離婚しておりまして、元主人側の先祖供養は、大切だとは思っていながら気が進まないのも本音ではありました。 しかし、以前お電話で姫路さまとお話しさせて頂いたとき「子供たちによくない形で出てくるので供養は、大切ですよ。」とお話しいただき自分の気持ちが吹っ切れたのを感じました。 供養を年末に考えてお電話したとき、急がなければならない先祖さまがいて、その方を先にさせて頂いたので、義理の祖父母には、心の中で必ずするから待ってて下さいね。とお伝えし今年に入り先祖から『まだか、まだか』と言われてる感じで落ち着きませんでした。 御供養お願いのメールをさせていただきましたら、お引き受けして下さるとの返事がきて、日にちが2日後で、慌ててしまいましたが、今考えるとあと2日しかないぞ!という先祖の思いが私の気持ちをざわつかせていたのかと感じております。 今回の御供養では、朝から頭が痛くて気分的にも暗く辛い時間でした。 仕事でしたので、瞑想はできませんでしたが供養の時間を気にしながら仕事をしていました。あと20分後に始まるな!なんて思いながら仕事をしていて、ふと時計を見たら12時半ぐらいでした。 御供養の時間帯(11時)に何もご先祖様の事を考える事が出来なかったと『ガーン』とショックを受けておりました。 そのショックが少し和らいだ時に、頭の痛さも暗く沈んだ気持ちも無くなっていたのは、びっくりしました。成仏できたんだと感じております。 まだまだお話ししたい事がありますが、御供養内容の手紙が届くのを楽しみにしております。この度は、誠にありがとうございました。 』 最後の文章に「成仏できたんだと・・」と書かれている。このことは非常に重要で、先祖たちもこの意識がある以上、先祖と末裔の信頼関係が生まれたと理解した。 皆が浄霊を続けて行ける根本の理解がそこにある。他の宗教団体が「はい成仏しました」というが、そこには何の根拠もないし、先祖の意識が何も伝わっては来ない。 本当の浄霊は、先祖の意識と末裔の思いやりが重要で、浄霊後は何とも言えぬ肉体的精神的な共鳴感が湧いてくる。そこには、痛みや苦痛感からの解放が芽生え、「成仏できたんだ」という確信が芽生えることになる。