憑依からの解放

浄霊後、先祖霊の憑依からの解放は、様々な形で行われる。例えば、ガンなどの患部から、黒い煤のようなものが出ていくのが見えた、といったものもある。痛みの原因が先祖の憑依によるものだった場合、末裔の肉体が物理的に悪くない場所で痛みを覚える事も多い。それは、先祖が長い期間患って痛んだ波動が、末裔の体で亡くなってからも続いているからである。
しかし、やはり先祖あっての自分なのだから、先祖の浄霊(先祖供養)を行うのは末裔の義務である。病気を治したいなどの欲ではなく、一体一体心を込めて、浄霊を申し込んでもらいたいものである。