慰安婦問題について

昨日書いた慰安婦問題をさらに進めてゆくと、韓国自体の慰安婦問題を取り上げる必要はある。
そこには大きな悲劇が書かれている。当然、ベトナム戦争時代に遡る。私も調べてみたが、アメリカでFOXニュースが昨年の10月に取り上げていた。そこを紹介してみたい。

「朴(槿恵=パク・クネ)大統領は韓国がベトナムで行った性暴力について公に謝罪すべきである」という題目から始まる。
『 約40年前、現(韓国)大統領の父親で(当時の軍の)司令官、朴正煕(パク・チョンヒ)は32万人以上の米同盟軍(つまり韓国兵のことですね)をベトナムに派兵したといい、この戦争の間、韓国兵は13歳から14歳(の女性)を含む数千人のベトナム女性に対し激しい強姦または性的暴行を行った。
 そして、強姦されたことによって多くの女性が妊娠・出産し、彼女たちが産んだ混血児が現在、ベトナムには5000人から3万人存在する。
 そして、韓国軍がベトナムで行ったこうした極悪非道な行為に対し<朴大統領は世界で最もパワフルな女性の1人である。父親が率いた兵士たちが膨大な数にのぼる罪のない女性たちに対し、犯した犯罪を公に謝罪することは、間違いなく彼女の権限の範囲内にある。なのに、そうした謝罪をしないで、日本に対し、第二次世界大戦時の韓国の慰安婦に対する性的暴力について謝罪を求めることは、朴大統領の道徳的権威を傷付けるだけである。 』

その後、別の投稿記者が、そのことに詳しく、こう唱えている。

『 ベトナム人女性は強姦・性的暴行を受けただけのような書き方ですね。だがしかし。実態は違います。2015年に米国立公文書記録管理局(NARA)の公文書で明らかになったのですが、韓国軍はベトナム人女性を強姦しただけでなく、彼女たちを韓国兵のために設置した「トルコ風呂」(Turkish Bath)という名称の慰安所に集め、韓国兵相手に売春を強要していたのです。
 つまり、軍がむりやりベトナム人女性たちを慰安婦にしていたというわけですね。
 この件について、2015年4月25日付の韓国の左派日刊紙ハンギョレ(英字電子版)は「日本の反韓感情を鼓舞する主要な力のひとつ、週刊文春」が4月2日の“春の特大号”で明らかにした。  』

星椎水精先生のコメント

日本の慰安婦問題を韓国は、大げさに取り上げたが、逆に韓国自体の慰安婦問題に抵触する結果となった。アメリカや日本が、この問題を今から大きく取り上げてゆくだろう。
韓国は、墓穴を掘ったことになるし、極めて異常なベトナムの慰安婦問題を韓国が、どのように収拾させてゆくのかであろう。私は、このような残虐なことを公にして欲しいとベトナム慰安婦が、亡くなった先祖とともに訴えていることがひしひしと理解できる。
これは、日本軍が多少にしても韓国慰安婦を傷つけた行為は良くないが、韓国のベトナム人慰安婦に対する行為と反省のなさは、韓国人を下劣な人種と世界は見なすであろうし、信用を無くしてゆくのは当然である。日本の慰安婦問題を大きく焚きつけたのは、実は、昨日のコメントに書いた韓国人民の先祖たちと同時に、さらにこのことをきっかけに、ベトナム人たちの先祖が強く訴えた結果と言える。

このページの先頭へ