感謝

  『 アトランティス協会の皆さま、星椎先生にはいつもお世話になっております。
この度は祖母の先祖供養(浄霊)をして頂き大変お世話になりました。
昨日、先祖供養していただけたとのお手紙、無事に受け取らせていただきました。
供養の当日は仕事で、それまでは時間を気にしていましたが、気付いたら時間は過ぎていました。無事に終わられたかなと思っておりました。
とてもホッとしておりますとともに、これこそご先祖様の嬉しい気持ちでしょうか、先祖供養後の数日嬉しくてなんとも言えない気持ちが落ち着いているのを感じております。
普段から笑顔を心がけていますが、無理のない、心の底からの嬉しい気持ちで過ごさせていただいているのをとてもありがたく思っております。
周りの方からも「Sさんと話してるとこちらまで嬉しくなります!」などと最近行き始めた美容室の方に言われたり、介護の仕事なので入居者さまと話をしますが毎回の仕事なのに、
「ありがとう、今日は来てくれたのがあなたでよかった!」
と言う言葉をいただけたり。
そして明け方切ない気持ちになっている入居者さまの話を聞いてあげたりするのですが、その心からの「ありがとう」が心に響きます。
私にとってもとても嬉しい褒め言葉を色々な、場面でいただけています。
この嬉しい気持ちを周りにも分けて世の中が幸せになる事が少しでも出来たならどんなにいいかと思います。
先祖供養の大切さには毎回改めて実感するばかりです。
皆様には今後もお世話になりますがどうぞまたよろしくお願いします。
ありがとうございました。 』

  

星椎水精先生のコメント

感謝と一言でいうが、なかなか難しい言葉である。浅い感謝から深い感謝までさまざま。この場合、周囲からの感謝に見えるが、実は、先祖からの言葉が、周囲の人を介して伝えたものである。決して、周囲の人がそう思わないのではなく、意識を増幅させた言葉となったのである。人の世話をすることと、先祖のためにすることが一致した場面でもある。