感謝

『 5/20は正直年休を取りたかったのですが、午前11時ギリギリまで仕事をこなしていましたが、一段落したところでトイレにそそくさと駆け込みました。
このとき、頭のてっぺんが何かにつながれ、自分の周りの雰囲気が変わり始めたことに気付きました。そんなに時間を置かずに全身が長めにジーーーーンとして、上半身から頭のてっぺんに向かって何かが持ち上げられていくように感じられました。
私はアトランティスの神様と星椎先生に心の中で何度も感謝しました。
間もなく私は便座に腰掛けたまま、うとうとと数分間居眠りしてしまいました。
ハッとして気付いたとき、真っ暗な空間にて地平線の向こうが突然眩しく白く光り始めました。まるで昔の映画「未知との遭遇」を思い出させる光景でした。
頭のてっぺんが何かにつながれた感覚が弱まってから、私は浄霊(先祖供養)を執り行って頂けましたことを合掌して感謝しました。
 自分の席に戻り仕事を再開しました。間もなく大勢の人々が長い列をなして和やかな雰囲気の中で歩いて行く様子が垣間見えました。
その中で母方祖母の伯母さんと伯父さんも談笑しながら歩んでいました。
私は星椎先生の大変なお力で母方祖母方曾祖父の三姉夫婦が確かに救われたことを実感し、仕事の手を止めて心の中で感謝しました。
すると体の周りが暖かい雰囲気に包まれました。 』

星椎水精先生のコメント

この人の様々な体験談を読んで、共通して言えることは、感謝の気持ちが備わっていることである。この感謝の波動が、先祖とつながり、先祖の気持ちや姿を言葉や映像によって表されている。霊能者が「見える」と言うのとは、全く違う要素である。つまり、真実である。

このページの先頭へ