感覚

『 星椎様、アトランティス協会の皆様へ〈ご供養の御礼〉
ご先祖様(F様)のご供養をしていただきまして誠にありがとうございます。
当日は、瞑想をすることが出来ませんでしたが、ご供養後の夜睡眠中に「今日はF様はご供養でどうだったなとのかな。」と考えていると、とても心地がいい高揚感と、満たされた気持ちになり、感謝のお気持ちも感じられました。これらはF様が無事にご供養なされたお気持ちの表れだろうと思いました。その後、私も安心感と嬉しい気持ちに包まれました。
この度は、誠にありがとうございました。これからも、ご先祖様の供養をマラソンと思い、ご供養を続けていきたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。 』

星椎水精先生のコメント

「とても心地がいい高揚感」とあるように、これも非常に重要な先祖との交流となっている。先祖の意思の表現としては、熱伝導のような温かい気持ちを末裔に伝え、末裔はそれを見事に受け取っている。野球でいえば、ピッチャーとキャッチャーの素晴らしい連携と言えるだろう。

このページの先頭へ