感無量

『 先ほどはお電話有難うございました。

1度目のお話が終わった後に帰宅し、ご先祖様に「あと少しです」と念じた後にお電話いただきました。

星椎先生のお心遣いで早めにしていただき、勿論私も嬉しかったのですが、母方S家のご先祖様が喜んで、どんちゃん騒ぎをしている姿が頭に浮かんできました。

SUPER浄霊を前に「感無量」といった感じです。

SUPER浄霊のご準備等お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 』

 

本当の葬儀は、このように先祖たちが大喜びをする。現代の葬儀がいかに形式だけに終わっているのかが分かるだろう。そんな形式に何の疑いも持たずに、高いお金を出して僧侶や葬儀社に依頼するのは、亡くなった人の意識を理解できていないことになる。本当の愛情を持っていれば浄霊の素晴らしさが分かるだろう。

このページの先頭へ