感染経路不明者(2)

感染経路不明者が事実を言わないのは、他にもある。

1. 2011年の東日本大震災で、震災発生時に不倫相手と一緒にいたことで配偶者と修羅場になったケース。
2. 3月6日に感染が確認された中部地方の男性は、副業がバレることをおそれて、当初は保健所に対して発症後の一部の行動を隠していた。
3. 不倫旅行先の温泉宿で感染、マッチングアプリで探したパパから感染。
4. ホストの生誕祭で集団感染が爆発、違法薬物の集団濫用パーティーでウイルスが蔓延。
5. 勤務先の過酷な処遇から逃亡した外国人技能実習生たちからの感染。
6. 外回り営業をサボってビールを飲んだり、マッサージやパチンコに行ったことで感染。

まだまだ報道では、発表されていないことが多く、新型コロナウイルスは、社会や人間のダメな部分に巣食うという特徴を持っており、様々な人は嘆いている。つまり、家のことや先祖のことを蔑(ないがし)ろにするとこのような結果を生むのである。