愛犬

『 星椎先生、アトランティス協会の皆様
本日は、愛犬Cのご供養を執り行っていただき誠にありがとうござました。
感謝申し上げます。大変気待ちの良い晴天でした。
亡くなってから1カ月が経ち、待ちに待ったのでしょう。
11時に時間が取れましたので、二階の仏壇の前で目を閉じて合掌していましたら、暫くして涙が出てきました。
愛犬Cもとても喜んでいると思います。
天上の神々様、星椎先生、重ねて御礼申し上げます。 』

  

星椎水精先生のコメント

今では、結構どの家もペットは飼われている。ペットは、本来執着もないのですんなりと動物の霊界へと行けるのだが、飼い主の強い思いのために、動きが取れずに飼い主のそばに居ることが多くなっている。そのために、ペットの浄霊が必要となった。
浄霊してもらえるペットは幸せである。