引きこもり

『 山梨県内の「引きこもり」該当者のうち、40歳以上の占める割合は6割を超えるという衝撃的なデータが、山梨県の調査で明らかになった。このところ、山形県や島根県でも、40代以上が半数を超えるという同様の調査結果が相次いで発表されており、引きこもり状態にある人たちの高年齢化の傾向は、ますます進んでいることが改めて裏付けられた格好だ。(ウェブニュース)より 』

星椎水精先生のコメント

40歳以上の人たちが、引きこもりとはいよいよ本格的な高齢化が始まった感じである。しかも、その年齢は、働き盛りで家庭を築く絶頂期。引きこもりを救っているのは70歳や80歳のお年寄り。この人たちが亡くなってしまえば、完全な家庭の崩壊がやってくる。
この原因の一番は、浮かばれていない先祖のものたち。彼らが末裔の気の弱い者たちの足を引っ張っている。このことに気づかなかったお年寄りが、最悪の張本人といえる。
しかし、世間やマスコミは、依然として「何故か、何故か」と他人事のように言っている。

このページの先頭へ