平和

『 先日は、龍神様の件、コラムに取り上げて下さり誠に有難うございました。

本日の星椎先生の「龍神上げの儀」を龍神様がたいそうお喜びになられたのでは・・・、と思うと、お手伝いができて良かったと思っております。

しかし、長い間この辺りをお護り下さった龍神様に、居心地の悪い思いをさせてしまった事に大変申し訳なく思っております。

 引っ越してきた当時は、まだすすきがゆらゆらと揺れて、人もおらず建物もあまりありませんでしたが、今はというと・・・

近くに斎場があり、それに伴い葬儀場ができ、毎日、通夜や葬儀に訪れる喪服の人だかり(ありんこ族と呼んでいます)で賑やかです。

少年院や医療刑務所、お墓もそう遠くなくあり、この辺りは、決して良い土地ではないように思えます。先生の仰る地場が悪いということでしょうか?

こんな場所で、今までお護り続けて下さった龍神様に対し心より感謝申し上げます。

 それに引き替え、私の実家の土地は、先日、先生にお浄めしていただいたので、とても居心地良く、母や父も出掛けてもすぐ、「家に帰ろう!」と言います。

皆、穏やかになりとても平和な感じがしており、今までの実家とは打って変わり先生のお力はやはり凄いな・・・と感服し、改めて感謝申し上げます。 本日は、とても良いお天気となりました。4名のご先祖様の浄霊の儀、誠に有難うございます。その中に小さい子供(女の子)が2人おり、すぐ転生できると嬉しいです。本日は、先生並びにスタッフの皆様、誠に有難うございました。また宜しくお願い致します。 』

 

この家庭には、有名な戦国の武将が存在感を示していたために、家は荒れ模様だったようだ。先祖の浄霊と土地の浄化をしたため、平和な家に戻りつつある。どこも、この家のように平和な状態であってもらいたい。 

このページの先頭へ